真面目な人ほどゆるくなって~

こんにちは、Hiromiです!

今日は、私の思う「こうしたらもっと英語が上達しはるやろな~」と思う方について書きますね!

学生時代に一生懸命英語の勉強した方、今でも勉強するのが好きな方は、「しっかり勉強しないといけない」「完璧にやらないといけない」という気持ちが強い方が多いと思います。それはとってもとっても素晴らしいことです。しかし、、英語の上達に関してはすこ~し視点を変えて、ゆる~くやっていただくのが良い時があります。

例えば、「ちゃんとやらないと!」と思う人は、話し相手が英語でしゃべっていることが一単語でも分からないと、パニックになってしまいます。

「わ、知らない単語!もう無理!!全部分からない・・!」と思考がストップしてしまうのです。

でも、ちょっと待ってください、落ち着いて。
今まで話していたコンテクスト、相手の表情、身振りで、「この人は何を言おうとしてるのかな?」とguess(推測)することは出来ます。

英語で、そこにいる犬を指さして微笑みながら何か言っている、、となれば、おそらくその犬について何か良いことを話しているのでしょうね。「かわいいね」とか言っているかもしれません。

間違ってもいいです。怖がらないで。Just speak up!
英会話のレッスンなら、むしろどんどん間違えて欲しいです。そうしたらインストラクターは間違いを指摘することができます。

多分そうだろうなーと推測して会話を続けること、それも立派な英会話のスキルです。完璧に理解することだけが正しいわけではありません。海外に行ったら分からないのが普通です。すべての場面で完璧に理解するのは不可能です。今自分が持つスキルでなんとかする術を身につけることが重要です。

そして、その完璧主義をゆる~くする訓練には、実は多読が役に立ちます!

多読は
1.辞書を引かない
2.分からないところは飛ばす
3.つまらなくなったらやめる
が、鉄則です。

つまり、「ゆる~く読む」わけですね!
分からなくても、分かるところをつなげてお話を推測していく。上記で述べた会話のスキルと全く同じです。

今までしっかり勉強されてきた方は、この方法に馴染むのが難しい場合があります。分からない単語があるとどうしても辞書をひきたくなりますし、どうしても和訳をしたくなってしまいます。

そんな方は、初めて英語の学習をされるような真っ新な気持ちで、新しい方法に身を委ねてみて欲しいと思います:)
ゆる~く、ゆる~く、です。
大丈夫です、悪くなることは絶対にありませんから。

ゆるゆる英会話を試してみたい方、ぜひNate’s Englishにお越しくださいね!!と最後に宣伝しておきますね(笑)

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です