konmari method:ハウスをホームに!

こんにちは、Hです。

近藤麻理恵さんをご存知ですか?
近藤さんは「かたづけコンサルタント」として活躍される日本人女性です。

今や動画配信サービスの最王手ともいえるNetflix(ネットフリックス)で制作されたシリーズ『KonMari 〜人生がときめく片付けの魔法〜』(Tidying Up with Marie Kondo)は、アメリカで大反響を呼び、TIME誌の「最も影響力のある100人」にも選ばれたほどの人気コンサルタントです。

ときめく(spark joy) かどうかで必要なものを選り分けていき、役目が終わったものにはThank youと感謝をして処分をします。

彼女の片付けメソッドはKonmari method(コンマリ メソッド)として、世界で人気を集めているのです。

Netflixの番組紹介はこちら!

かくいう私も、コンマリメソッドに影響されて先日家のお菓子棚を整理してみました!
何がどこにどれだけあるかが可視化されて、お菓子の買いすぎが防げそうです(笑)

この番組の見所は、こんまりさんの収納術だけでなく、
片付けを通してその家族の問題を解決していく過程が描かれていることです。

ある家族のエピソードで、すごくいいなと思ったフレーズがありました。
片付けが終盤に差し掛かった際に、家族の母親が言った言葉です。

At the end of this process, I want my children, my husband, and myself, I want our family to know how to organize, for the sake of having a home and not just a house.

(この片付けの最後には、子ども、夫、そして私自身、家族全員が家をきれいにする方法を学べたらと思っているの。
ハウスではなく、ホームを作るためにね。)

house(物理的な家)ではなく
home(精神的に心の拠り所となる場所)を作りたいんだ
という気持ちがとても素敵だと思いました。

私自身も現在家を建設しているわけですが、
ただのhouseをつくるのではなく、心安らぐhomeにしたい、と思っています!

そしてもちろん、わたしたちの英会話スクールも、
ただの「school」ではなく生徒さんたちの「home」でありたいと思っています!

konmari methodで整理整頓して、綺麗な教室を目指しますね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です