今後の展望( •̀ ω •́ )y

みなさん、こんにちは!ネイツイングリッシュ学習アドバイザーのHiromiです。

最近私は、英語コーチング第二言語習得論に大変注目しています。

既存のメンバーの方々、今後メンバーになられるであろう方々が、もっと効果的に楽しく英語が上達できる方法はないだろうかと常々考え続けていて、この二つにたどり着きました。

コーチングとは、いわゆるパーソナルトレーナーです。
その人に適した英語の自己学習プログラムを詳細に立てて、毎日のトレーニングを逐一チェックし、併走するシステムです。「自分にベストな学習方法が分からない」または「気持ちはあるけどどうしても継続できない」というような人にとってとても良いシステムだと思います。

第二言語習得論とは、母国語以外の言語をどのように習得するのかを研究する学問で、習得のメカニズムを科学的に解明するものです。「科学的に」というのがミソで、個人の経験則や人気のある学習法などには頼りません。
この第二言語習得論をベースとした英語学習方法を紹介した書籍が多数出版されています。次々に本を読んでいるのですが、「なぜ日本人は英語を話すのが苦手なのか」「なぜリスニングが出来ないのか」などが体系立てて説明されています。

日本人の英語学習者は「インプットの量が絶対的に足りていない」ということなのですが、学習者のレベルごとに、どの部分のインプットをどの順番で強化していくべきかを細かく示してくれているので、目からウロコの情報が満載です!一例として、リスニングが出来ないという現象には二段階あります。一つは「音が聞き取れないこと」、もう一つは「音は分かっても内容の理解ができないこと」です。それぞれの段階に応じて、するべきトレーニングは変わってくるというわけです。

この二つのメソッドを取り入れて、ネイツの英語トレーニングをより良いものに出来ないかと現在画策中です!

大きなプロジェクトなのでまだまだ時間がかかりそうですが、皆さまには楽しみにお待ちいただけたらと思います♪

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です