リフォーム進捗③:Color of the walls

Hです。寒空の下毎日大工さんが夜遅くまで作業してくださっていて、リフォームは着々と進んでいます。先週は壁の断熱材が充填されていましたよ!ふかふかで暖かそう〜これは玄関。玄関っぽくなってきました!

設備関係も続々とインストールされていっています。

一般的な日本の住宅の壁はクロス貼りですが、うちはペンキ塗りを採用します。これも私のこだわりの一つです!

アメリカに住んでいる時、日本とアメリカの住宅空間になにかの差があることを感じていました。長らくその正体が分からなかったのですが、それがクロス貼りかペンキ塗りかの違いなのだと気づきました。外からの日光の反射具合が違うんですよね。クロスはテカテカと反射する感じで、塗りだと柔らかく光が反射します。こんなマイナーなこと!と思われるかもしれませんが、これだけで部屋の雰囲気がグッと変わります。とても静かな落ち着いた空間になるのです。

ペンキで塗る場合はボードの下処理に手間がかかるのであまり日本では採用されない模様。しかしながらそれをクリアしておけば、気分次第でペンキの塗り替えも自分でできるので便利だと思います!自分でクロスの貼り替えをするのはちょっとハードルが高いですよね…!

そんなことで、教室の壁の色を何色にするかを悩んでいました。

グレイにしようと決めてはいたのですが、どのグレイにするかが問題…。最終的に、暖色系のグレイにすることにしました!写真の色見本の左の列の上から二番目です。

この色見本帳、色の名前がユニークで、今回私たちが選んだのはELEPHANT BREATH(象の息)です!!な、なんだか生温かそうですね(笑)

ちなみにもう一つの悩んでいた色はDROP CLOTHです。DROP CLOTHはペンキを塗る時に家具などを保護する養生シートのことです!なんでそんな名前…笑

ぜひ教室に来て、象の息色の部屋を体験してくださいね!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

1コマ漫画